分譲住宅の事情と賃貸との違いについて

分譲住宅とひとまとめにしても住宅・マンション・土地など条件によってそれぞれ事情が異なります。

まず住宅の場合は一般的に売られている建売住宅の事をさし、土地と建物が一緒に販売されているもので所有権は購入者のものになります。
分譲マンションはマンションの一室を購入する仕組みのこと。



建物や土地の全てが購入者のものになるわけではなく区分所有となります。

マンションの場合には一室の購入費だけではなく、管理費用や駐車場代などが別途かかる事が大半です。


土地の場合は建売住宅の場合と同じで土地の所有権は購入者となります。


土地のみを販売している場合なので自分で好きな建築物を建てることができます。この三種の他には建築条件付分譲地があり、土地を購入した後に土地の販売者が指定する建築会社と契約しその会社で住宅を建築することが購入条件になります。

livedoorニュースの情報検索をお役立てください。

自治体などが売り出した場合には自由に建築会社を選べるケースもあります。
分譲住宅と賃貸の違いは簡単に言ってしまうと住んでいる土地や住宅の所有権が何処にあるかの違いです。

分譲の場合は所有権が購入者にあり、賃貸の場合は住宅や土地の所有権が家主やオーナーにあります。



賃貸は利便性を重視した物件やサービスを行っているところも多く、転勤や家族構成が変わった場合でも引越しがしやすいというメリットがある一方、家賃を払い続けなければならずお金を払っていても住宅が自分のものならないというデメリットがあります。

自分にあった住宅を選ぶことが大切です。