住宅の修理はすべて家主がおこなう

貸家の修理修繕はすべて家主がおこなうものです。貸家は家主の財産ですから当然のことです。

長く住んでいると、貸家のあちこちが傷んできたり壊れたりして修理修繕が必要になることもあるでしょう。

しかし、普通の使い方をしている限り、傷むのも壊れるのも借り手の責任ではありません。使っていれば、住宅も内部の設備も傷んでくるのは当然のことです。



誰も住んでいなくても、住宅というのは傷むものです。

修理するのも、新品交換するのも、全額持ち主が負担します。



借り手は、自分が使っていて壊れたりすると、つい自分の責任のように思いがちですが、そう考えて自己負担などしないように注意しなくてはなりません。借り手が引っ越して行くときの原状回復費用についても、同様のことが言えます。

普通に使っていて傷んだものを、新品交換させられるようなことはありませんので、そうした知識をあらかじめ持っておきましょう。

livedoorニュース情報があります。

これについては、トラブルが多発したため、国がガイドラインを出しました。


そこでは、通常の使用をしていた場合は、借り手に修理修繕費用の負担義務がないことが明示されています。

また、借り手の不注意で修理修繕の必要が生じた場合でも、新品への交換費用を全額負担する必要はありません。


新品として設置後、何年経過した設備を損傷させたかによって、負担割合が決まります。

相当古い設備である場合は、借り手の過失で生じた損傷であっても、修理負担義務がないこともあります。